脱毛を止める新薬|高い効果を期待できる城西クリニックのAGA治療について
夫婦

高い効果を期待できる城西クリニックのAGA治療について

脱毛を止める新薬

頭

副作用

ザガーロは男性型脱毛症の改善に効く新しい薬です。これまで販売されていたプロペシアよりも、脱毛予防効果が高いと言われています。東京都内の発毛クリニックでは、1ヶ月分約12000円程度でザガーロを出しています。プロペシアで効果がない場合は、ザガーロを試してみるのがオススメです。ただし、プロペシアと同じようにザガーロにも副作用のリスクがあります。有効成分デュタステリド配合量0.1mgで13% 、0.5mgで15%の副作用発生率があります。代表的なのはEDや性欲減退など男性機能に関わる副作用です。また、胃腸障害や消化不良などになる人もいます。副作用は服用を止めれば治ります。最初は医師に診てもらいながら服用するのがお勧めです。

1.6倍の効果

男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが原因でなる脱毛症です。ザガーロにはテストステロンの活性化を阻害する効果があります。その効果はプロペシアの1.6倍とも言われています。ザガーロはまだ販売されて間もない新薬です。処方箋がもらえるのは、東京都内の発毛クリニック、AGA外来、美容皮膚科等です。東京の薄毛治療をしている専門外来であれば、ほとんどのところで手に入ります。アメリカ生まれのプロペシアは、医薬品輸入代行サイトでも手に入ります。しかし、ザガーロが認可されているのは日本と韓国だけです。欧米の医薬品輸入サイトでは取り扱いされていないので、東京都内で医師に処方箋をもらって購入する必要があります。